忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しっとりと静かな感じになりました。

 「雨と森」
編成
 ・ソプラノ
 ・アルト
 ・テノール
 ・バス
難易度
 ★★☆
 そんなに音符は難しくはないですが、
 臨時記号がめんどくさいので中級です。

古典的なリコーダーの感じと違って、
和音の感じは結構独特な雰囲気があると思います。
というか、私の作る不思議な曲は全部こういう和声になるんです(笑)

―ちょっぴり解説―
静かに始まって、前半の盛り上がりはDの部分。
中盤、Eからはバスリコーダーがメインになります。
Gがこの曲の中で最大の盛り上がりですから、ソプラノさんはこの長い高音を思いっきり吹ききっちゃってくださいね。
後半のHからはまた前半のメロディに戻ります。
最後はDの盛り上がりからそのままコーダへ。
rit.の先は静かに蜃気楼のような感じで。

→楽譜のダウンロード


参考演奏。やたらとソプラノが好き勝手にねちっこく?吹いてるっちゅう...。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Twitter
忍者ブログ[PR]